効果絶大!自宅でニキビ跡を治す方法をご紹介します!

ニキビが出来てしまってそれが跡になってしまいお困りの事でしょう!

 

敏感肌でニキビが出来やすい場合には、特に悩まれていることと思います。

にきび跡は、ニキビによって出来てしまった傷や炎症、色素沈着でシミになってしまった状態を言います。

 

傷が深いと一生治らないなんて聞いたりするととても不安になりますよね!

 

長いものでは、半年から1年かかるという場合もあるようですが、生活習慣や食生活、正しい治療法を行うことで、重症のニキビ跡も目立たなくなるレベルまで改善できるようになりました!

 

細菌の医療の発達はめざましいですね!しっかりと症状にあった治療法を行っていきましょう!

症状別に効果的な治療法をご紹介します!

 

ニキビ跡とは?

ニキビ跡は、色素沈着でシミになってしまったり、ニキビのよって炎症を起こした肌が繰り返しダメージを受けることで、深層部分までを傷つけてしまった状態です。

 

皮膚組織の深部までが壊れてしまった状態のために、ニキビが治っても傷が残ってしまうという状態です。

ニキビ跡の原因と種類とは?

ニキビ跡には3種類のタイプがあるのをご存知ですか?まずは自分がどのタイプに当てはまるのかを知っておきましょう!

赤みが残るタイプ

ニキビの凹凸は気にならないが赤みが残ってしまっている状態。

 

ニキビが炎症を起こしてしまった時に毛穴の周りで血流の障害により静脈内に血液がたまった状態になって赤みが帯びることが原因です。

 

ニキビ跡 赤みが残るタイプ

 

紫色や茶色の色素沈着してしまうタイプ


茶色の色素沈着してしまうタイプ

シミのようにニキビ跡は色素沈着してまったタイプです。

 

茶色と紫色の二種類が一般的です。紫色のニキビ跡は、炎症によって毛細血管が破裂してしまうことが原因です。

 

茶色のニキビ跡は、シミと言われる状態で、太陽の光をたくさん浴びるとメラニンという物質が肌に作られるのですが、そのメラニンが大量に発生することが原因でニキビ跡に色素がどんどん沈着してしまいます。

 

クレーターのような凹凸が残ってしまうタイプ

ニキビ跡の中で一番やっかいなものと言われているのが、にきび跡の凹凸がクレーターのようになってしまうタイプです。

 

赤ニキビが悪化すると皮膚組織の深部まで破壊されてしまいます。

 

この状態になると皮膚組織が回復することができないために凹凸になって肌に残ってしまうのです。

 

皮膚が硬い方や強い炎症を起こしてしまうタイプの人は要注意です。

 

 

あなたのタイプはどのニキビ跡でしたか?

ここからは、あなたに合った症状の治療法をご説明していきます!

 

ニキビ跡種類別の改善方法とは?

赤みが残るタイプのニキビ跡の改善方法とは?

赤みが残るタイプのニキビ跡は、自分で治療することが可能です!

赤みを薄くするのに効果的なのが、ビタミンC配合の美容液や化粧水になります!

 

このタイプのスキンケアを使ってセルフケアをするだけでも十分にニキビの炎症を抑えることができます。

 

ビタミンCには、炎症や皮脂を抑える効果もあります。

 

一番効果の見込める美容液や化粧水は、ビタミンC誘導体(APPSやリン酸)が配合されているものです。飲むタイプのビタミンCでは効果が見込めないのでご注意ください。

 

◎用意するもの
洗顔料、ビタミンC誘導体を含む化粧水、ヒアルロン酸やセラミドを含む保湿成分、ビタミンC誘導体を含む美容液、イオン導入器

 

手順は、洗顔、化粧水、乳液、美容液、イオン導入の順番です。

 

サイクルプラス エンリッチローション

 

ビタミンC誘導体と明記しているものは多いですが、実際に効果のあるものは多くありません、そんな中配合率などを考えるとこのサイクルプラス エンリッチローションはオススメです。

 

ニキビを予防するには、保湿成分の高い、ヒアルロン酸やセラミドなどを含んだ乳液などを使うと良いでしょう。

 

イオン導入(電流を使たスキンケア方法)をすることによってマイナスの電極が深層部分にビタミンCが届くようになります。

 

イオン導入器は、家庭で使えるものもありますし、美容皮膚科などで行うこともできます。

 

週に一度程行うことで効果を発揮するので自宅で行うか、美容皮膚科に通うこともありですね。

 

・イオン導入器を家庭で使うメリット、デメリットとは?

・美容皮膚科でイオン導入をするのがベスト?家庭でイオン導入器を使うのは効果がある?

 

色素沈着タイプのニキビ跡の改善方法とは?

茶色や紫色の色素沈着タイプのニキビ跡には、自分でケアすることが可能です。

 

手順は、赤ニキビ跡と同じような手順でイオン導入を行いましょう!

茶色のシミが出てしまった場合には、ピーリングが効果的です。

 

ピーリングとは、古くなった角質を取り除く角質ケアの事を言います。

 

茶色のニキビは消すのに2~3年も掛かることもあるのですが、その間に日焼けすることでメラニンによって色が濃くなってしまうことがあります。

 

ピーリング剤を使って角質と一緒に取り除いてしまうことが即効性があります。

 

正常なターンオーバーは、皮膚の奥で出来た皮膚細胞が表皮に14日間かけて上がってくることで角質が出来上がり、自然にはがれていくのですが、古い角質が残ったままでいると肌の再生周期が乱れてダメージの受けやすいままになってしまいます。

 

低刺激の洗い流すタイプのピーリングジェル剤などを使って1週間に1~2度程度行っていきましょう。

 

日本人に合ったピーリングの方法とは?

 

ピーリングをする際に気を付けたい3つの注意点とは?

①保湿力の高いものでしっかりと保湿を行う!

②紫外線対策をしっかりと行って刺激を与えないようにしましょう!

③ピーリングのやりすぎは逆効果になるので注意が必要!

④イオン導入器でビタミンC導入体を染み込ませるとより効果が上がります!

 

クレータータイプのニキビ跡の改善方法とは?

クレーター状の凹凸が見られる肌というのはセルフケアで治すことがとても難しいですし、治療にはかなりの時間がかかってしまいますので専門家の治療が望ましいです!

美容皮膚科での治療にはお金が掛かってしまいますが、最新の治療を行うことで重症の凹凸のあるクレーター状のものでも目立たないように治す事が可能になってきています。

ケミカルピーリング

軽度なものには、ケミカルピーリングで治療していきます。ピーリング剤を塗って古くなった角質を剥がして新しい肌の再生を行っていきます。ターンオーバーの機能を高めることで皮膚を再生していきます。

フラクセルレーザー&フォトフェイシャル

重度なものでは、レーザーを当てて皮膚の細胞組織を刺激してコラーゲンを増やすように治療していくものや、顔全体にソフトな光を当てて治していくもの、

培養表皮移植&FGF治療

培養表皮移植という、体の他の部分の組織をニキビ跡の凹んだ部分に移植するもの、最新の治療方法には、線維芽細胞増殖因子(FGF)を注射するFGF治療などがあります。

 

ニキビ跡を改善、予防する生活習慣とは?

ニキビに慢性的に悩まされている方は、皮膚の再生を正常化することが先決です。ターンオーバーがしっかりと行えるように生活習慣を見直していくようにしましょう!

食生活の乱れや睡眠不足などになると皮膚細胞の再生周期が乱れてしまうので、これを通常の問題ない状態にすることが重要になってきます。細胞の生まれ変わる周期を滞りなく行えるようになればニキビやにきび跡は改善していきます。

しっかりと睡眠をとって寝不足にならない

あなたが眠っている間に分泌される成長ホルモンが肌の修復や再生を行います。そのためしっかりとした睡眠時間の確保が重要になってきます。

22時~2時の間が肌のゴールデンタイプとも呼ばれていますので、その時間になるべく眠れるような生活に修正していきましょう。規則正しい生活が肌の再生には必要不可欠です。

ビタミン類、たんぱく質が含まれた食事をとる

タンパク質が肌のターンオーバーを促進するために必要不可欠です。肉、卵、魚、チーズ、豆腐、納豆、豆類などのたんぱく質が皮膚をはじめ、髪の毛、臓器、筋肉などを構成しています。

ビタミンも摂取することで効果的に肌への美容効果があります。ビタミンCの持つ還元作用と酵素阻害作用によってメラニンの生成を抑えます。紫外線を浴びると活性酸素が発生されますが、その活性酸素の分解を助けます。チロシンという物質を抑えることで色素沈着を防ぎます。

シミを予防するにはビタミンAも効果的です。その他にもビタミンB2が細胞の再生を助け、免疫力を増進させます。ナイアシンは皮膚の炎症を抑えます。パントテン酸は皮膚に栄養を与え、ビオチンは、皮膚の健康維持を保ちます。

かぼちゃやきのこ、ニンジン、ナッツ、うなぎ、海藻、豚肉などを摂取すると良いです。

適度な運動を行う

身体を動かして汗をかくことで、血の巡りや代謝がアップして正常なターンオーバーを取り戻すことが出来ます。古くなった角質が取り除かれ、メラニンや老廃物の排出もスムーズに行われます。

ストレスからニキビを生成することもあるので、運動がストレスを発散させて綺麗な肌を取り戻すための第一歩になります。

紫外線対策をきちんと行う

紫外線対策は、外に出るときは毎日行うことが重要です。ターンオーバーが正常でない炎症性色素沈着などの肌は太陽の紫外線によってダメージを受けやすく、シミが出来やすいです。

ファンデーションやUVケアなどをしっかりと行っていきましょう!

 

自宅で治すニキビ、ニキビ跡対策の結論

クレーター状のニキビ跡でなければ、自宅で治療することも十分に可能です!

まずは生活習慣を見直して、肌のターンオーバーを取り戻しましょう!

あなたが素敵な肌を取り戻すことを願っています!