ニキビを改善する方法には、スキンケアと食生活の二つが大きく挙げられます。

ニキビが発生しない生活習慣を心掛けることがニキビを予防するのに一番簡単な方法なのです!

美肌になるような栄養素を取り入れることで、ニキビを改善していきましょう!

ニキビに効く栄養素とは?

ビタミンA

肌の新陳代謝を正常化することで肌のターンオーバーを改善することができます。

ニキビ跡に残ってしまったメラニン排出を促す効果もあります。

肌は一般的に28日前後で生まれ変わるようにできているのですが、それが乱れることでニキビが治りずらくなってしまうのです。角栓などの発生もおこらなくなるためビタミンAはニキビ対策のための必須の栄養素になります。

サプリメントなどから摂取することで過剰摂取になる恐れがありますので、ご注意ください。特に妊婦は胎児への奇形を誘発する(催奇性)があります。

ビタミンAには、動物性由来のレチノールと植物性由来のβカロテンという2つがあります。野菜に含まれるβカロテンは、プロビタミンA(ビタミンA前駆対)と言って、体内でビタミンAを生成します。この植物由来のβカロテンであれば、多量に摂取しても体の中で十分な場合には生成されないので安心です。動物性のものやサプリメントから摂取するのではなく、野菜などから摂取するのが安全で好ましいです。

ビタミンAが含まれる食材とは?

動物由来の場合には、鶏レバー、あん肝、ウナギ、アナゴの順にビタミンA(レチノール)が多いです。

植物由来の場合には、味付け海苔、とうがらし、ほうれん草、春菊の順に多いです。

ビタミンAのニキビケアのまとめ

ビタミンAは、メラニンの排出や肌の生まれ変わりを正す作用があるので、食品から積極的に摂取すると良いですね。

過剰に摂取する心配もあまりないので、食品から取り入れていくのが良いでしょう!

ビタミンB

ビタミンB群には、8種類ありますが、ビタミンB1(チアミン)、ビタミンB2(リボフラビン)、など

この中でビタミンB2、B5(パントテン酸)、B6の3種類がニキビの改善に役立ちます。

ビタミンB2は、皮膚の新陳代謝を高める効果があり、アクネ菌の繁殖の原因である、皮脂の代謝を促します。

ビタミンB6は、肌の生まれ変わりをするためにアミノ酸代謝が行われるのを助けます。

ビタミンB5(パントテン酸)は、皮脂の分泌を制御する効果があります。

ビタミンB群が含る食材とは?

ビタミンB2は、豚レバー、牛レバー、魚肉ソーセージなどに含まれます。

ビタミンB6は、にんにく、マグロ、胡麻などに含まれます。

パントテン酸は、豚レバー、牛レバー、卵黄などに含まれます。

ビタミンB群のニキビケアのまとめ

肌の生まれ変わりを助けたり、脂質の巡りを良くしたり、毛穴に皮脂が詰まるのを防いだりとニキビの悪化を防ぐ働きがあります。

にきびが悪化しなければニキビ跡ができることもないので、積極的に摂取するとよいですね!

ビタミンC

美肌の維持を考えた時に普通の人が思いつくビタミンといえば、ビタミンCではないでしょうか?

ビタミンCというのは正式名称があり「L-アスコルビン酸」と言います。

このビタミンCには、メラニン色素の合成を抑える美白効果や皮脂の過剰分泌を抑える効果、活性酸素のダメージを防ぐ抗酸化作用などがあります。

色素沈着したニキビ跡などにも効果があります。

活性酸素などのフリーラジカルを消すために、ビタミンEが必要なのですが、その際にビタミンEは、ビタミンEラジカルという物質に変化してしまいます。これをビタミンEに戻すのがビタミンCなのです。そのためこの両方のビタミンを摂取することで、細胞の酸化を抑える効果があります!

ビタミンCが含まれる食材とは?

ビタミンCが含まれる食材は、赤パプリカ、黄パプリカ、芽キャベツ、水菜、ブロッコリーの順に多いです。

ビタミンCのニキビケアのまとめ

ビタミンCをもし過剰に摂取したとしても水溶性のため過剰摂取分は、尿から排出されます。そのため多く取りすぎるという心配が要りません。

ビタミンCを摂取することで、赤く炎症するにきびになるのを防いだり、ニキビ跡の色素沈着を防いだり、ニキビ跡がクレーター状になるのを助ける作用があります!吹き出物のない肌になるためには必須の栄養素です!

ビタミンE

ビタミンEとは、ホルモンバランスを整える作用があります。ニキビの原因を取り除く効果がある栄養素なのです。ホルモンバランスが乱れると、ニキビが出来てしまいます。

男性ホルモンの過剰分泌によって、角質層の柔軟性が失われてしまいます。これによって毛穴が詰まりやすくなり、それが原因となってニキビとなっていくのです。

その他にもビタミンEは脳下垂体や卵巣に働きかけて女性ホルモンを活性化させる働きもあります。ビタミンEを摂取することで、ホルモンバランスを整えてにきびが出来にくい体質に変えていけるのです。

肌の新陳代謝を促進してくれる働きがあるので、ターンオーバーを促進してニキビ跡になる原因のメラニン色素の沈着を排出してくれます。

抗酸化作用の強いビタミンEは、スーパーオキシドアニオンラジカルやヒドロキシルラジカルといった活性酸素を除去する効果があるのです!これらの物質が発生すると肌の老化が起こってしまいます。

ビタミンEが含まれる食材とは?

ビタミンEに含まれる食材には、豚レバー、牛レバー。魚肉ソーセージ、の順に多く含まれます。他にもオリーブオイル(オリーブ)やアーモンド、モロヘイヤ、いくら、あんこうの肝、うなぎなどにも含まれています。

ビタミンEのニキビケアのまとめ

ビタミンEを摂取することで、ホルモンバランスを良くして、ニキビの根本的な原因を取り除いていけます。

男性ホルモンの大量分泌によって、角栓が毛穴に詰まるという現象が起こるので、それを食事を変えることで日常の範囲内でできるので取り入れるべきですね!